HOMEサイトマップリンク集
ソフトウェア製品織物アートカタログデモンストレーションシュミレーション

ビジョンジャパンのEZジャカード

「EZジャカード」を発売します。

世界に先駆けて開発されたダイレクトジャカードやCGSは、当時、日本が世界に誇るべき技術でした。
しかしその後、コンピュータの進歩から取り残されてしまい、現在は【ガラパゴス】状態に陥っているのではないでしょうか?
そこでビジョンジャパンは、全く新しい解決策として【EZジャカード】をご提案します。
EZジャカード

「EZジャカード」とは?

【EZジャカード】は、フロッピーディスクを使わず、USBメモリー(USBスティック)を介してCGSデータをコントローラーに読みこませるシステムです。
USBメモリーには、フロッピー100枚分のデータを保存でき、スイッチで選択読み込みが可能です。

EZジャカードとは?

コントローラー既設のフロッピーディスクドライブ(FDD)を取り外し、【EZジャカード】と入れ替えて使用します。
従来のメディア(CGSフロッピー)は不要になります。

【EZジャカード】は、パソコンやコントローラー側から見ると、普通のFDDと同じ動作をします。既設のコントローラーをそのまま使用し、使い勝手、メンテナンスも従来と全く変わりません。

【EZジャカード】が対応するコントローラの機種は、当初は佐和ダイレクト・カヤバ直織装置です。
順次、カヤバ電子ジャガード・ストーブリ・ボーナス・タケムラも検証していきます。

 

EZジャカードの特徴

1.データの一元管理が可能

CGS、JC4、JC5、EPなど、雑多なデータの管理は、企業様にとって大変な負担になっています。特に海外に子会社や協力工場がある場合、それらを統一的に管理できるシステムが必要ですが、CGSがその妨げとなっております。
【EZジャカード】は、ストーブリ、ボーナスの電子ジャガード、カヤバの直織装置、カヤバの電子ジャガード、佐和ダイレクトに、同じUSBメモリーを使えます。

パソコン上ですべてのデータを一元管理でき、製織時に同じ操作でUSBメモリーに書き込むことができます。
1本のUSBメモリーに、JC4・JC5・EP・CGSデータを混在させることができます。また、EZジャカードで使用したUSBメモリーを、ストーブリ社製の「USBキット」に使用することも可能です。

EZジャカードの特徴

*JC4・JC5・EP・CGSの変換・書き込みには、専用ソフト「EZマジック」が必要です。なお、CGS専用の「CGS@EZマジック」は、無償でダウンロード可能です。

2.Windowsパソコンで、ファイル形式のCGSデータを読み書きできる

ファイル形式のCGSデータは、通常のパソコンで編集可能です。Eメールでのデータのやりとりや、パソコンでのデータ管理ができます。

対応データ形式   両毛CGS、CGS II、 CGE(京都染織試験場のファイル形式)

>>CGSフロッピーのデータを、ファイル形式のCGSデータへ変換するサービスはこちらへ

 

価格

*EZジャカード(専用ソフトは無償ダウンロード可) ¥60,000(消費税別途)
(上記価格は、お客様にて据え付け作業を実施いただく場合の価格です)  
*送料(全国一律) 
   2台目以降の送料は当社負担
¥800 

 

有限会社 ビジョンジャパン
〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町2-3-3 センチュリーロイヤル昭和町ビル601
TEL:06-6624-3748 FAX:06-6624-3848
EZジャカードCGS変換プログラムニュース会社案内